2010年04月22日

沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「沖縄の皆さんが今日まで大変過重な負担の中で苦しんできた。それを国民全員で分かち合う気持ちを全国で示していただきたい」と記者団に述べた。鹿児島県・徳之島など政府が移設先として検討している候補地の住民らに理解を求めたものだ。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)
桜 造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪(毎日新聞)
郵政改革法案、20日ごろ概要公表=亀井担当相(時事通信)
西岡参院議運委員長、「憲法審査会規程の未整備は遺憾」(産経新聞)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
posted by ムラオ ヒロハル at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。